HOME > Topics > 授業の様子 > 第1期生 17回目の授業 ~問題行動の修正への取り組み・具体的な修正方法~

Topics

< 第1期生 16回目の授業 ~問題行動の修正への取り組み方~  |  一覧へ戻る  |  第1期生 18回目の授業 ~コミュニケーション&マナー ①・②~ >

第1期生 17回目の授業 ~問題行動の修正への取り組み・具体的な修正方法~

昨年9月から始まった、ペットドッグトレーナー育成コース。
早いもので、1期生への内部講師の授業が
来週で最後となりました。



外部講師の授業が残されているのですが、自分の講義が残すところ
少しとなると、とても寂しいですね。。。

もちろん、コースが終わったからといってつながりが切れるわけではなく
継続して、おなじスタディ・ドッグ・スクール®の仲間として
犬文化の改革に取り組んでいくので、これからも頑張っていきます!

さて、今週の講義は、先週から引き続き
「問題行動の修正への取り組み方」
を学んでいきました。

先週の講義でもお話をしましたが
問題行動の修正に取り組むためには
まず、

・飼い主からの情報の収集の仕方
・問題行動に対する潜在的な獣医学的原因の評価
・情報から得られる行動学的原因の評価(行動の診断)

といった流れで、問題となる行動を体系的に
分析し、その要因を突き止めなければなりません。

そしてその要因を明らかにしてからは

・短期的および長期的な問題行動の管理方法

について、飼い主さんに指導する必要があります。

問題行動は、環境や飼い主の接し方・対応の仕方
なども大きな要因となります。

そのため、直接的な問題行動を学習によって
修正する前に、これらの要因を、適切なものに
修正する必要があります。

また、問題行動を継続させつづけると
その症状が悪化しますし、飼い主自身がすぐに対処できる
方法を伝えてあげないと、日常生活がままならなくなってしまいます。

そのためにも、長期的な行動修正のプランを提示し実行する前に
短期的な問題行動の管理及び対応方法について
まずは提案することが必須となります。

午後の実習では、クリッカーを使って
フリーシェ―ピングの練習を行いました!

ご褒美を使った誘導(プロンプト)などを使ったトレーニングの方が
行動を教えるには早いのですが、犬の行動をしっかりと観察し
適切なタイミングで行動を強化できるようになるためには
プロンプトをあまり使わずに行動を教える
フリーシュエ―ピングが非常に練習になります!


今回は、犬が自発的にカラーコーンを鼻でタッチする

行動を教えてみました。



IMG_4265.JPGIMG_4264.JPG
IMG_4263.JPG











それぞれ、誘導は一切使わず、まずはカラーコーンを
見て注目するところから強化し
最終的には、自発的に鼻でタッチできるようになりました!

とっても根気と、集中力、褒めるタイミングが要求される難しいトレーニングです!

 


誘導を使わずに行動を教えると、犬も余計な刺激がないので
理解が深く、きれいに行動を学習してくれますね!!

SDSスタッフ 鹿野


カテゴリ:

< 第1期生 16回目の授業 ~問題行動の修正への取り組み方~  |  一覧へ戻る  |  第1期生 18回目の授業 ~コミュニケーション&マナー ①・②~ >

同じカテゴリの記事

選択実習の様子(グループレッスン)

ペットドッグトレーナークラスには、様々な選択実習があります。

その中の1つに、グループレッスン実習というのがあります。
実際にスタディ・ドッグ・スクールで行なっているグループレッスンの中で行われているこの実習は、全部で40時間となります。

前半20時間はレッスンのサポートをするのですが、
後半20時間になると、サブスタッフとして飼い主さんの指導に入ります。

ペットドッグトレーナー 選択実習の様子vol.1

初めは、会話に自信が持てなくても、自分の考えを整理しながら話すことで、
今までの授業内容は、自分自身のスキルに変わり、自信がついてきます。

選択実習の様子 グループレッスン vol2


もちろん側に私達、講師がいてサポートしていきます、
レッスン後には、疑問に思ったことをなんでもご質問いただけます。

そんな育成の授業ですが、昨年10月から始まった授業のうち、
火曜日の定期授業はそろそろ修了し、次は4月開講となります。

まだ定員に空きがありますので、是非、資料請求&お申し込みください。
みなさんのご参加、心よりお待ちしております。


講師
長谷川 成志

卒業生を対象とした勉強会を開催しました

10月より7期生のがスタートしたペットドッグトレーナー育成コースですが、10/16に卒業生を対象とした勉強会を開催しました。
勉強会では、ざっくばらんに各自の抱えている問題や興味のあるポイントなど、積極的な議題の提起や熱い議論を交わしました。
和犬のしつけ、転嫁行動やフード、シニア犬についてなどなど現場の意見が満載です。
卒業後もつながりを持ち、助け合いながら切磋琢磨できる素敵な関係です!
DSC_2528.JPG

講師のメディア掲載と最近思うこと...

ペットドッグトレーナー育成コースの講師は様々なメディアで積極的に情報発信をおこなっています。
6月は監修した記事や、連載が相次いで公開、掲載されました。
校長の鹿野正顕は「いぬのきもち」の監修をしました。今年に入りすでに3回目と絶好調!
DSC_2236.JPG
今月はトップの記事など2コーナーに掲載されています。
DSC_2237.JPG

また、座学を担当している三井の「PetLIVES」連載は今月で5年目に突入。
petlives.jpg
今月は少しマニアックな行動の「教え方」について執筆しています。
どちらも実現不可能な机上の空論や都市伝説的な方法論ではなく、「科学的な根拠」+「のべ10万頭以上の経験」に基づき、なるべく難しい言葉を使わないよう例え話などを用いて執筆しています。
過去の出演や連載はこちら

さて、ペットドッグトレーナー育成コースの授業では、もちろん専門用語を使って難しい話をすることもありますが、全ては「一般の飼い主さんに理解を深めていただけるよう、プロとして本当に伝えたいことを噛み砕いて伝えるための通過点」だと考え、あえて使用しています。(もちろん、ただ難しい定義をお話するだけでなく、その後、実例や例え話を用い、わかりやすい解説、表現を心がけておりますので、難しくてついていけないかもしれないというお悩みは不要です!)。

最近、講師たちが少し懸念していることがあります。ドッグトレーニングにも科学的な視点や手法が取り入れられ、あつい議論が交わされるようになってきました。
これ自体はドッグトレーニングの発展と普及のため、大変喜ばしいことなのですが、それに伴い学術的な用語や高度なテクニックなどが紹介されることも珍しくなくなってきています。
もちろん我々もいちトレーナーとして専門的な話をする時間や、高度な技術の習得や実践、そして愛犬とともに困難な課題をクリアしていく時間は大変貴重で大好きな時間のひとつです。
しかしながら、家庭犬のしつけやトレーニングは「飼い主さんに実践してもらう」ことが大前提。特殊技術やマニアックな知識の習得に躍起になり、飼い主さんが置き去りになることは絶対に避けなければなりません。
難しい話を難しく話したり、小難しく実践することは簡単ですが、それによって犬のしつけやトレーニングがマニアックな方向にシフトし、「なんだかとっつきにくい…」と一般の飼い主さんから敬遠され、実生活からかけ離れたものにならないよう「難しいことをわかりやすく」噛み砕いて表現、実践できるような座学と実技を心がけています。

ドッグトレーナー育成コース講師:三井

6期生 8回目の授業 座学:「馴化」、「オペラント条件づけ」 実技:「逐次接近法を用いたマテの練習」

本日の座学は先週に引き続き「馴化」について講義を行いました。
基本的な原理や方法について解説後、動画資料を用い、慣らすべき要素ごとに分類したうえで系統的脱感作と拮抗条件付けについて学びました。
1527569184058.JPEG
この際、ボディーランゲージを読み取る練習をしたり、時間経過とともに対象になれていく様子を観察しました。
また、理論を身につけると「理論通りにやれば絶対にうまくいく」と思い込んでしまうことですがあります。しかし、いわゆる学習理論は実験室の中で証明されたものでしかありません。
動物は機械ではありませんのでもちろん学習にも限界があります。頭でっかちな理論に溺れないよう、実例を交えつつ授業をしています。

そして、本日からオペラント条件付けについても授業を開始しました。
1527569198707.JPEG
オペラント条件付けは新しい行動を身につける際や、問題行動修正などにおいて不可欠な理論で、ドッグトレーナーや優れた飼い主になるためには絶対に身につけておかなければならない項目の一つです。
一度聞いただけではなかなか理解しづらい部分ではありますが、質疑応答や生徒さんそれぞれの経験談を含めて分析、解説していくことで理解度を深める工夫をしています。
また、オペラント条件付けはそれぞれのしつけ方教室や流派によるカラーがもっとも反映されやすい部分でもあります。
例えば「ほめてしつける」や「おやつは一切使用しない」などといったそれぞれの方針が、解剖学、生理学、行動学的にどう解釈するべきなのかなども交えて授業をしています。
そして何よりも大切な犬の習性を踏まえた上で、問題に直面している飼い主さんをどうすれば救えるのか柔軟な発想をもって対応できる力を磨いています。

ドッグトレーナー育成コース講師:三井


午後の実習では、「逐次接近法を」もちいた
マテの練習を行いました。

トレーニングを行うときは、人が明確な目標を立て
その犬の学習レベルや進み具合に合わせて
徐々に教えていく必要があります。

「何となく」の教え方では
実は犬が混乱をきたしてしまい、いくらご褒美を与えても
犬にとってトレーニングがストレスになってしまいます。

人がしっかりとした学習の目標と進め方を設計することが
効率よく犬にとってもわかりやすいトレーニングになります。

ドッグトレーナー育成コース講師:鹿野

6期生 7回目の授業 座学:「古典的条件づけ」、「馴化」 実技:「実践的なお散歩の練習」

本日の授業は古典的条件づけの復習からなにかに慣れる馴化まで行いました。
A00_0039.JPG

トレーナーとして必ず身につけ、お客様に噛み砕いて説明し、実行していただくところですので、毎回しつこいぐらい丁寧に授業を行います。基礎ほど大切なことはありません。
トレーニングの本を呼んだり、しつけサイトを調べたりご自分で勉強されている方ほどこんがらがってしまうところですが、ひとつひとつ確認しながら、質問をどんどん吸い上げながら授業を行えるところが少人数制のいいところでもあります。

A00_0040.JPG

十数年、飼い主さんや専門学校の学生さんにご説明しているので、講師陣はなぜ理解し難いのか、どこがこんがらがっているから分かりづらいのか熟知しています。
どんどん知識を吸収していってくださり、授業をやる身としても楽しいところです。
そして、今日は馴化の方法について詳しく解説しました。

A00_0041.JPG

なにかに馴らすということは、社会化や問題行動改善の上で非常に重要なことですが、経験だけに頼らず、犬の行動をきちんと分析し、それを誘発する刺激や犬の心理状態を推察した上でプログラムを立てていくことが求められます。
このような対処は学問としてある程度方針が決まっており、科学的に裏打ちされた方法が実施することが必要です。
どのような要素に対し、どういった方法を用いて改善を試みればいいか、いよいよ実践に近い内容になってきました。

A00_044.JPG

ドッグトレーナー育成コース講師:三井


午後の実習では、先週に引き続き、「ほめ言葉」、「名前を教える」、「呼び戻し」、「コマンドトレーニングの練習を、幼稚園に参加している犬でも練習をしました。

また、先週行った、歩行の練習を実際のお散歩でも
実践的に活用できるように、外での練習を行いました。

IMG_8545.jpgトレーニングでは、練習の時間を設けて
新しい行動を教えますが、実際の生活の中で
練習をした内容を落とし込めるようにしなければなりません。

そのためにも、「基本的な練習」だけでなく
「実践的な対応」についても併せて理解し
実際の生活に応用していく必要があります。

また、本日の実習後、新店舗のお祝いを
6期生の皆様から頂きました!!

A00_0048.jpgとてもおしゃれな卓上カレンダー!
新店舗のデザインにもぴったりです!!

6期生の皆様、本当に本当にありがとうございました!!

ドッグトレーナー育成コース講師:鹿野

このページのトップへ