HOME > Topics > 授業の様子 > 5期生13回目の授業 座学「犬の問題行動」  実技:「口輪・エリザベスカラーを装着する練習」

Topics

< 5期生12回目の授業 座学「犬の生理・解剖」、「指導スキル」  実技:「誘惑の中で待つ練習」、「日常生活でのコマンドの応用」、「ロールオーバー」  |  一覧へ戻る  |  5期生14回目の授業 座学「犬の問題行動」  実技:「様々なシチュエーションでの誘惑を回避する練習」 >

5期生13回目の授業 座学「犬の問題行動」  実技:「口輪・エリザベスカラーを装着する練習」

明けましておめでとうございます!
2018年の授業がスタートしました!

本日の5期生、13回目の授業

前半の講義では、
「犬の問題行動」

について講義しました。

A00_0208.JPG
トレーナーの職業では、犬のしつけ方指導だけではなく
飼い主さんが抱える犬の問題行動の修正を
依頼されることも数多くあります。

問題行動は、その原因が非常に多岐にわたるため
しつけや訓練をするだけでは改善することは難しく
専門家には高度な知識や技術が求められます。

しかし、今まで問題行動はしつけやトレーニング不足が
原因と考えられてきたため、飼い主さんの抱える問題に対し
的確に対処できないことが多々ありました。

専門家であれば、行動修正、しつけ、訓練、それぞれの目的や
手法について明確に区別をし、適したアプローチで
飼い主さんが抱えている問題の手助けをしなければなりません。

A00_0209.JPG午後の実習では、今までの練習の復習と
口輪やエリザベスカラーの装着を練習しました。

A00_0214.JPGA00_0216.JPG











口輪は咬みつく犬がつけるイメージが強い為
咬みつくことのない犬では練習する必要がないと考えがちです。

しかし、一回の恐怖などの経験をしたことや
痛みからくる自己防衛のため、咬みついてしまう行動が
生じてしまうことも可能性としてはあることです。

何かが起こってからの予防としても
口輪を装着する練習を小さいころから行っておくことも
非常に重要です。

また、すでに咬みつくようになってしまった犬の行動修正を行う際にも
健康管理などの際には咬みついてしまうような状況が生じるため
リスクマネージメントとしても口輪をつける練習は必須となります。

しつけだけでなく、行動習性を行う面でも
拮抗条件付けや脱感作の技術も実践で
用いられるようにしなければなりません。

SDSスタッフ 鹿野

カテゴリ:

< 5期生12回目の授業 座学「犬の生理・解剖」、「指導スキル」  実技:「誘惑の中で待つ練習」、「日常生活でのコマンドの応用」、「ロールオーバー」  |  一覧へ戻る  |  5期生14回目の授業 座学「犬の問題行動」  実技:「様々なシチュエーションでの誘惑を回避する練習」 >

同じカテゴリの記事

第12期生の授業がスタートしました!!

2021年4月より新規授業が開始しましたsign03

今回で な、なんと 第12期生となります。
早いものですね。

少人数での授業ですので、しっかりみっちりとした指導がうけられますよ。

IMG_6380.JPG

選択実習では、

個別レッスンに同行、幼稚園でたくさんの犬種のトレーニングを経験、
グループレッスンでのトレーニング指導、そして動物病院でのパピークラスの経験を積むことができます。

さらに、ご自身の口からトレーニングの説明をしていただく、
グループレッスン(個別レッスン)ロールプレイも授業に入ってきますので、
しっかりとした力を身につけることができます。

ご興味のある方は、是非、体験授業に参加されることをオススメします。

講師 長谷川成志





第11期生の修了式がとり行われました。

早いようであっという間の半年間ですね。

昨年の10月にスタートしたペットドッグトレーナー 育成クラスですが、
受講生の皆さん、見事最終テストも合格shine

8098.jpg

修了式を迎えることができました!!
皆様おつかれさまでした!!

2021.3 修了式.jpg

まだ、選択実習が終わっていない方もおられますので、
これからも引き続き、気長に楽しんでまいりましょうhappy01

2021年4月からは、第12期生を迎え入れての講座がスタートします。

新たなスタートを目指して、頑張る皆様を全力でバックアップして参ります。

犬に関する正しい知識を身に付けられれば、
飼い主さんのサポートをする時にも、絶対の自信を持ってお話をすることができます。

そのようなペットドッグトレーナーの育成を通して、
より良い人と犬の共生社会を目指して、これからも頑張りますsign03


講師 長谷川成志

10期生の授業が始まりました。

4/7より10期生の授業が始まりました。
DSC_0087.JPG
今季もバラエティー富んだ受講生にご参加いただいています。 過去の受講生についてはこちら→「卒業生の声」 「Q&A どんな方が通っていますか
もちろん座学はウェブ受講にも対応しています。(一部来校が必要)
初回の座学ではなぜドッグトレーナーが必要なのか、なぜ「最新の犬の特性」を学ぶ必要があるのかについてお話しました。
DSC_0088.JPG
ドッグトレーナーとして「情報や理屈を知っている」、「犬のトレーニングが上手い」のは当然で、それを時代に合わせ一般社会にどう適用していくかがカギ。
行政や教育機関、出版社、webメディア、ペットショップなど幅広くペット業界と提携している講師陣が業界の動向とともに、研究にもとづいた最新情報やしつけやトレーニングに関する新旧様々な技術についてわかりやすくお伝えしています。
無料の体験授業も開催していますので、ちょっとでも興味のある方は授業が始まったばかりの今がチャンスです!
体験授業についてはこちら→「説明会・体験授業のお知らせ
お気軽にお問い合わせください。

第9期生の授業開始です!!

本日よりペットドッグトレーナー第9期生の授業が開始ですsign03
今回の参加者は、ペットドッグトレーナークラスの2名となります。

当スクールは、少人数制のため少し寂しい気もしますが、
分からないことはそのままにしない(できない(笑))だけでなく、
実技の内容はきっちりと身について行きます。

今日は朝の10時から始まり、授業の終わりは17時・・・
授業の初日は、とても疲れたと思いますcoldsweats01

でも今までに聞いたことのない座学、そして実技の内容で、
きっと「お〜〜、そういうことかぁ〜〜」と関心していただけたのではないでしょうか。

↓実技の合間にスライドを使ってのお話している様子。
IMG_2448.JPG

これから、ますますコアな内容に入って行きます。

そして、実習で一緒に連れて来ている犬たちの問題も、
どんどん改善して行きますので、楽しみにしていてくださいねhappy01


講師 長谷川成志

第8期生 修了式

今年4月に始まった第8期。

ペットドッグトレーナークラス3名、ナレッジクラス1名、計4名の方に受講していただいておりました。

早いもので、定期座学/実技が終わり、9月10日には修了試験が行われました。
修了試験は、筆記試験および実技試験。受講生の皆様、頑張っていただきました!

結果は見事合格!!!
おめでとうございます。

晴れ晴れした気持ちで、先日には卒業生も交えて修了式を行なうことができました。

さすが、と言いますか、各自犬談話で盛り上がり、和気あいあいととっても楽しい時間でした。

まだ選択実習が残っている方もいらっしゃいますが、
ひとまずお疲れ様でした!!!


IMG_1253 (800x602).jpg


ドッグトレーナー 鈴木

このページのトップへ