卒業生の声 第7期生 弓削理世さん

「犬に優しい」を突きつめて

弓削理世さんプロフィール02072.jpg

スタディ・ドッグ・スクール認定ドッグトレーナー
医療事務として勤務したのち結婚。その後、念願だった犬(あずき:トイプードル メス)を迎える。2019年9月、ペットドッグトレーナー育成コース卒業後「いぬのトレーニングPhilia(ピリア)」をオープン。2020年4月には国際的なドッグトレーナー資格「CPDT-KA」に合格。一児の母。
(取材日:2020・9月)

名称未設定 2.jpg Q.犬の飼育歴、犬のことを学ぼうと思ったきっかけについて教えて下さい 
幼い頃からうさぎなどの小動物を飼育していたものの、犬は家族の反対もあり飼うことは叶いませんでした。でも、犬は大好きだったので、ほぼ毎日親戚の家の犬の散歩やお世話に行っていました。結婚後に念願の犬を迎えました。あずきは子犬の頃からトレーニングが身近な環境にあって、支配性理論(犬に上下関係を求める理論)など誤った情報に振り回されたことがなかったのが幸いしたのか、特に問題がない子で手がかかりませんでした。
あずきが若かったときはトリマーのスクールに通おうかなと思ったこともあったり、なにか犬のことをしたかったんです。そんな時、周りで体罰など誤ったしつけをされている犬を見て、良くないですよといいたかったけど、プロにならないと話を聞いてもらえない、説得力がないと思ったのが犬のことを学ぼうと思ったきっかけです。

名称未設定 2.jpg Q.なぜ、SDSペットドッグトレーナー育成コースに通おうと思ったのですか?
競技に出ようとは思ったことはありませんが、犬と一緒に生活するなかで色々と教えたり、また、周りの方々になんとなくやり方を教えてもらったり、聞いたりして楽しみながら犬と生活してきましたが、いちから学んだことはなかったのでしっかりと学んでみたいと思いました。そして、正しい情報を人に伝えられるようなれればいいなと思っていました。
また、私、不良な母親なんですけど(笑)、このままずっと子育てだけをして、子供のことだけに一生懸命になって依存していくのは私自身嫌だったし、娘にとってもそれは違うのではないかと思い、自分は自分で一生懸命になれることを持っていたいと考えていました。当時、娘が幼稚園だったのですが、子供が小学校に上がったらもっと時間がなくなる、今やらないとできなくなってしまうと焦りのような感覚をいだき、いても立ってもいられなくなってしましました。主人もやってみればと言ってくれたし、母にも協力してもらいながら通うことにしました。

 名称未設定 2.jpg Q.受講した感想をお聞かせください。
座学ではこんなに色々なこと聞く人いるんだろうかというぐらい質問しましたね(笑)。何かあればすぐに聞け、「へぇ!」と納得でき、また頭に浮かんだ新たな疑問はすぐに何でも聞きました。座学は休んでもすぐに動画で確認でき、すごく助かりました。おかげさまでCPDT-KA(国際的なドッグトレーナーライセンス)試験の行動学は満点でした!それから、育成コースに通ったことで、色々他のトレーニングセミナーなどを受講したときにも本質を理解できる様になったと思います。
幼稚園で一日通して犬のお世話の流れを見れたこと、それから、小型犬から大型犬までいるのでいろいろな経験ができたことが大きかったです。また、実際にスクールのしつけ教室に通っている様々な飼い主さんとお話する実践も経験でき、フォローアップなど個々の飼い主さんにあわせたやり取りも学べました。CPDT-KAでもグループレッスンの指導スキルについてたくさん出題されたので役に立ちましたね。
実技は細かいことなんですが、ふわりとしか理解していなかった事、例えばトリーツ(ご褒美)の出し方やルアー(誘導)の動きなど多角的に見たときにどうであるか的確に教えてもらえ、なぜできないのかよくわかりました。これは今でもお客様にレッスンするときにすごく気をつけています。
それから、問題行動カウンセリングなどの移動中に様々な相談や話ができたことも大きかったです。また、思い悩んでいた飼い主さんが問題行動カウンセリングを受けることで安心したよう見え、ネットなどのいろいろな情報に振り回されるのではなく、専門家からきちんとして情報を聞くことの重要性を感じました。そして、飼い主さんにトレーニングを続けていただかなければ犬は変われないので、犬はもちろんですが飼い主さんの気持ちに寄り添うバランスの取り方がとても勉強になりました。
家事との両立は大変でしたが、好きなことをやるためにはそれも原動力になりました!同期にもすごく恵まれ、今でも連絡を取り合っています。

名称未設定 2.jpg Q.現在について、将来の夢について教えて下さい。
飼い主さんが犬のことを知って、考え方が変わったり環境に工夫することで犬の行動が変わる、また、犬のことを知っていればそもそも問題とは思わなくなると思っているので、トレーニングというよりはもっと根本的な育児(犬)相談ができるドッグトレーナーを心がけています。私の飼い主さんへの提案はすごくゆるく感じられる方もいらっしゃるかもしれませんが、犬に優しくなることで人に優しくならないよう、飼い主さんにも優しく寄り添えるようしていきたいです。
最近ではトリマーさんとコラボしてレッスンしています。老犬ケアにも興味あって、将来的にはお店を持ってデイケア(お預かり)をやりながら、自分の好きな納得した雑貨や、フードなどを扱いたいなと思っています。

いぬのトレーニングPhilia(ピリア)
「いぬにやさしく・ひとにもやさしく」 犬と飼い主双方に寄り添い、丁寧にお話を伺います。
私自身が、子供を持つ母親です。育児相談をするように、気軽に犬のことを相談できる、「育犬相談」ができるところでありたい思っています。
まずは、犬を知る事から始めましょう!
201874083_320038112921505_809748836810311918_n.jpg
卒業生の声トップへ HOMEへ