HOME > 卒業生の声 > 第1期生 菊池智恵さん

卒業生の声

第1期生 菊池智恵さん


スタディドッグスクール ドッグトレーナー育成コースなら自分に足りないものが学べると思いました


DSC_0741.JPG菊池智恵さんプロフィール
 
大手半導体メーカーの開発部門で技術アシスタントとして勤務後、自身の犬を迎えたことがきっかけで某ドッグトレーナー養成学校に入学し退職。さらに犬に関する知識と技術を深めるために第一期生としてスタディ・ドッグ・スクール®ペットドッグトレーナー育成コース「ペットドッグトレーナークラス」に入学。2016年3月に卒業。(取材日:2016・7月)追記:2016年11月国際的なドッグトレーナー資格CPDT-KAに合格


 
 

名称未設定 2.jpg Q.犬の飼育歴について教えて下さい 

今の犬(ポメラニアン♀)が初めてです。小さい頃から飼いたかったのですが、飼える環境になくあきらめていました。飼う前から犬種や飼い方など色々と調べていたのですが、ペットショップで売れ残っていた犬で1ヶ月以上通い詰めて、悩みぬいて家族に迎えることにしました。


名称未設定 2.jpg Q.スタディ・ドッグ・スクール®育成コースを知ったきっかけは何でしたか?第一印象は?

友人からスタディドッグスクールのセミナーがとても勉強になると勧められて知りました。また、セミナー後の懇親会が楽しいから行こうと誘われたのがきっかけです。
(第一印象は講師が麻布大学卒業の博士達ということで)堅くて敷居が高い感じがありました。でも、セミナーの懇親会で実際お会いし、お話しして、いい意味でイメージが崩れました(笑)


名称未設定 2.jpg Q.なぜ、ドッグトレーナー育成コースに通おうと思ったのですか?

某犬雑誌の読者モデルを通じてもっとトレーニングをならって自分の犬にもっと色々と教えたい、もっと正しい犬の知識を身につけたいと考えるようになりました。それがきっかけで以前通っていた某トレーナー養成学校に通いました。
その後、再就職の話もあったのですが、どうしても犬の道をあきらめきれず、後悔したくなかったので思い切ってアポなしでスタディドッグスクールをたずねました(笑)
何度かスタディドッグスクールの犬の幼稚園の見学をさせてもらい、スタッフのハンドリングを見ているうちに自分に足りないものが見えてきたこと、ペットドッグトレーナークラスならその足りないところが学べると思い、入学しようと考えるようになりました。「もう一皮むけるため」という表現がしっくりきます。
入学前の説明会ではマンツーマンでじっくりと質問でき、不安が解消出来たことも大きかったです。


名称未設定 2.jpg Q.受講した感想について教えて下さい。 

DSC_0688.JPG(ハイレベルな内容が学べるという)イメージ通りでした。(ペットドッグトレーナークラスは)座学と実技の両方があるので、理論が実技に昇華される、座学の内容を実技の中で試せるというのがいいですね。
受講前はある問題に対して一つの解決法しか知らなかった。 特に印象に残ったのは排泄に関する問題行動の授業です。あらゆる原因とあらゆる解決策について話してもらったことが印象に残っています。この問題にはこの解決方法という単純な考えではなく、様々なやり方を紹介してもらい視野が広がり、考える力がつきました。
犬も飼い主さんも違うので、いろいろなアプローチや解決方法を知ることができてよかったと思います。
個別レッスンでは、問題行動の犬を実際に見ることができて衝撃を受けました。いままで、画像や映像でしか見られなかったものが、リスクマネージメントや対処を含めて見ることができ、実践に直結することが学べました。
また、仮に自分の実力を超えた場合、紹介できるところ(スタディドッグスクール)があるというのが安心できたし、自分のできる範囲をやればいいということがわかってすっきりしました。
特にためになったのは相手のレベルに合わせて話す引き出しが増えたことです。前職の社内で同僚に説明するのと、お客様にお話しするのでは少し勝手が違いました。講師の皆さんの対応の仕方を見て噛み砕き方や細かい説明の仕方がわかり、話の広がりを持てるようになりました。


名称未設定 2.jpg Q.仕事や家事との両立について教えて下さい。 

曜日が決まっていたので通いやすかったです。家事に影響なく学べました。


名称未設定 2.jpg Q.現在のお仕事、将来の夢について教えて下さい。

DSC_0699.JPGトレーナーとしてすぐに顧客開拓は難しいので、(独立開業サポートとして)仕事紹介(菊池さんには高校での講師とスタディドッグスクール相模原店のスタッフとしてお仕事を依頼しています)が驚きとともに魅力の一つです。特に幼稚園ではいろいろな犬のトレーニングができ、自分で立てた馴致やトレーニングメニューを(担当者に)相談しながらできるので卒業後もどんどん経験をつめています。(幼稚園では)担当した犬の変化が見れるし、実践の中でさらに勉強もできています。命をお預かりするのでもちろん緊張はあるのですが、今は仕事が楽しくて仕方がありません!実は一番やりたかったのがスタディドッグスクールのお仕事だったので良かったです(笑)
スタディドッグスクールドッグトレーナー育成コースに入学し勉強を重ねることで学んできたものを形にしたいと考え始め、具体的に形が見えてきました。将来は、シニアのケア含めた出張ドッグトレーナーとして開業したいと思っています。

説明会について 資料請求はこちら

このページのトップへ