HOME > 卒業生の声 > 第2期生 冨塚裕子さん

卒業生の声

第2期生 冨塚裕子さん

今まで学んだことよりも深い


冨塚裕子さんプロフィールP11410222.jpg

スタディ・ドッグ・スクール認定ドッグトレーナー
小さいときからずっと動物に囲まれた生活を送る。当たり前のように犬をはじめとした動物に触れ合う中で、自然とドッグトレーナーを目指すようになった。
某ドッグトレーナー養成学校を卒業後、犬のしつけ・出張ドッグトレーニングを中心とした「PuKuPuKu」を八王子市で開業。犬関係のセミナーを受講する中で、さらにやしつけ、トレーニングの勉強を進めたい、多数の問題行動の症例を知りたいと思うようになり、第2期生としてスタディ・ドッグ・スクールペットドッグトレーナー育成コース「ペットドッグトレーナークラス」に入学。
2017年4月国際的なドッグトレーナー資格CPDT-KAに合格


名称未設定 2.jpg Q.スタディ・ドッグ・スクール®育成コースを知ったきっかけは何でしたか?

(鹿野校長が理事を務める)日本ペットドッグトレーナーズ協会のカンファレンスでペットドッグトレーナー育成コースを知りました。


名称未設定 2.jpg Q.なぜ、ドッグトレーナー育成コースに通おうと思ったのですか?
トレーナー養成学校を卒業し、開業しましたが、問題行動の症例はそれほど見たこと、扱ったことがなく不安もありました。もう一度ちゃんと勉強し直したいという思いがある中で、ドッグトレーナー育成コースを知りました。興味のあることはどんどん進むタイプなので 、まだ、それほどお客さんがついていなく、「今がチャンスだ。学べる!」と思いました。
HPを見て、説明会に行きましたが「大学で犬のことを専門的に学んできて博士号を取得されている講師の方々から直々に教えてもらえるチャンスがあるなんてラッキー!」と思いすぐに入学を決めました。

名称未設定 2.jpg Q.入学にあたり不安はありませんでしたか?

あまり人付き合いが得意ではないので「馴染めるかなぁ」という不安がありましたが全然問題ありませんでした(笑)

名称未設定 2.jpg Q.受講した感想について教えて下さい。 
P11401913.jpg座学は今まで学んだことよりももっと深く、理由付けがはっきりとして自分でも納得しながら学べました。正直はじめはてんてこ舞いでした(笑)
実技は前回の復習として指導方法を講師の前で説明するのがすごく緊張しました。でも、実際に飼い主さんにしなければならないことなので、すごくためになりました。
幼稚園実習を通して大小様々なタイプの犬のハンドリングすることもプラスになり、毎回実習がある度にためになる、得ることがありました。
特に自分が行っている事のメインとなる問題行動カウンセリング実習ではうまく飼い主さんから情報を聞き出す方法がとても参考になりました。
私の場合、既に開業していたので、今まさに困っていることなどもありお客さんとのやり取りにすぐに反映する事ができました。





名称未設定 2.jpg Q.現在のお仕事、将来の夢について教えて下さい。

八王子市を中心に出張レッスンを行っています。開業して2年目になりますがお客様も順調に増えてきました。主に子犬のお客様がお多いですね。今のお客様には、また子犬を迎えたらぜひレッスンをお願いしますと言われることもあります。将来は犬の幼稚園や介護まで広げられればいいなと思っています。

犬のしつけ・出張ドッグトレーニングPuKuPuKu
八王子市を中心に出張ドッグトレーニングで、犬のしつけを飼い主様と一緒に行います。PuKuPuKuは 「 とにかく楽しくレッスン! 飼い主様も学ぼう!焦らずゆっくりゆっくり!」を心がけています。
pukupuku-bn-big.png

説明会について 資料請求はこちら

このページのトップへ