HOME > Topics > 授業の様子 > 5期生17回目の授業 座学「具体的な行動修正方法」  実技:「コマンドの確実性を高める練習」、「犬の気持ちや状態を考慮したハンドリング」

Topics

< 5期生16回目の授業 座学「犬の問題行動の修正方法」  実技:「リードに頼らないハンドリング」  |  一覧へ戻る  |  5期生18回目の授業 座学「効果的なホームページの作り方」、「獣医師がドッグトレーナーに求めること」 実技:「ハズバンダリートレーニング」 >

5期生17回目の授業 座学「具体的な行動修正方法」  実技:「コマンドの確実性を高める練習」、「犬の気持ちや状態を考慮したハンドリング」

本日の5期生、17回目の授業

前半の講義では、引き続き
「犬の問題行動」

について、具体的な修正方法の手順について
講義しました。

A00_0522.jpg
問題行動を扱うためには、カウンセリングによる適切な情報収集、
潜在的な行動学的原因の評価、原因に対して科学的にアプローチし
問題の改善を目指していきます。

しかし、行動修正のプログラムを構築し
実際のレッスンを行う前に考えなければならないのは
行動修正のゴールをどこに設定するかです。

問題となる行動に対し、修正する目標をどこに設定するかは
悩みを抱えている飼い主さんの意見を十分に聞かなければなりません。

また、抱える問題が大きくなってしまった飼い主さん自身は、
困惑してしまっていることから、どのようなゴールを
目指せばよいのかが、自分自身で分からなくなって
しまっていることもあります。

そのため、トレーナーは一つの考え方に固執するのではなく
柔軟な考えをもち、いくつかの目標を飼い主さんに
提案することで、飼い主さんにとっても犬にとっても
良い方向に進むように導いてあげなければなりません。

問題行動の修正を行う際、コマンドトレーニングばかりで解決
を求めてしまえば、根本的な原因を解決するのではなく
形ばかりにこだわった対処法のみで終わってしまうことも
多々あります。

自身の固定概念ばかりに囚われず、
飼い主さんの気持ちと犬の福祉を考慮したうえで
両者がより良い方向に進む対処方法や改善方法を
提案していく柔軟な取り組みが、問題行動の修正には求められます。

午後の実習では、

・学習したコマンドの成功率を高めるための、「コマンドの正確性をあげる練習」
・飼い主以外の人との関わりに慣らす練習
・トリックを教える

といった内容の練習を行いました。

A00_0526.jpg

いずれの練習も、ただ陽性強化法でご褒美を与えて教えるだけではなく
犬の感情を読み取りながら、環境や接し方、トレーニングの進みを考慮しながら
取り組みなければ、犬は楽しんでトレーニングに取り組むことはできません。

多くの時間を費やしてきた実習では、ただ行動を教えるだけでなく
犬の気持ちを読み取りながら、ハンドラーの対応や接し方にも気を使いながら
トレーニングや行動修正の練習を行っています。

SDSスタッフ 鹿野




カテゴリ:

< 5期生16回目の授業 座学「犬の問題行動の修正方法」  実技:「リードに頼らないハンドリング」  |  一覧へ戻る  |  5期生18回目の授業 座学「効果的なホームページの作り方」、「獣医師がドッグトレーナーに求めること」 実技:「ハズバンダリートレーニング」 >

同じカテゴリの記事

第12期生の授業がスタートしました!!

2021年4月より新規授業が開始しましたsign03

今回で な、なんと 第12期生となります。
早いものですね。

少人数での授業ですので、しっかりみっちりとした指導がうけられますよ。

IMG_6380.JPG

選択実習では、

個別レッスンに同行、幼稚園でたくさんの犬種のトレーニングを経験、
グループレッスンでのトレーニング指導、そして動物病院でのパピークラスの経験を積むことができます。

さらに、ご自身の口からトレーニングの説明をしていただく、
グループレッスン(個別レッスン)ロールプレイも授業に入ってきますので、
しっかりとした力を身につけることができます。

ご興味のある方は、是非、体験授業に参加されることをオススメします。

講師 長谷川成志





第11期生の修了式がとり行われました。

早いようであっという間の半年間ですね。

昨年の10月にスタートしたペットドッグトレーナー 育成クラスですが、
受講生の皆さん、見事最終テストも合格shine

8098.jpg

修了式を迎えることができました!!
皆様おつかれさまでした!!

2021.3 修了式.jpg

まだ、選択実習が終わっていない方もおられますので、
これからも引き続き、気長に楽しんでまいりましょうhappy01

2021年4月からは、第12期生を迎え入れての講座がスタートします。

新たなスタートを目指して、頑張る皆様を全力でバックアップして参ります。

犬に関する正しい知識を身に付けられれば、
飼い主さんのサポートをする時にも、絶対の自信を持ってお話をすることができます。

そのようなペットドッグトレーナーの育成を通して、
より良い人と犬の共生社会を目指して、これからも頑張りますsign03


講師 長谷川成志

10期生の授業が始まりました。

4/7より10期生の授業が始まりました。
DSC_0087.JPG
今季もバラエティー富んだ受講生にご参加いただいています。 過去の受講生についてはこちら→「卒業生の声」 「Q&A どんな方が通っていますか
もちろん座学はウェブ受講にも対応しています。(一部来校が必要)
初回の座学ではなぜドッグトレーナーが必要なのか、なぜ「最新の犬の特性」を学ぶ必要があるのかについてお話しました。
DSC_0088.JPG
ドッグトレーナーとして「情報や理屈を知っている」、「犬のトレーニングが上手い」のは当然で、それを時代に合わせ一般社会にどう適用していくかがカギ。
行政や教育機関、出版社、webメディア、ペットショップなど幅広くペット業界と提携している講師陣が業界の動向とともに、研究にもとづいた最新情報やしつけやトレーニングに関する新旧様々な技術についてわかりやすくお伝えしています。
無料の体験授業も開催していますので、ちょっとでも興味のある方は授業が始まったばかりの今がチャンスです!
体験授業についてはこちら→「説明会・体験授業のお知らせ
お気軽にお問い合わせください。

第9期生の授業開始です!!

本日よりペットドッグトレーナー第9期生の授業が開始ですsign03
今回の参加者は、ペットドッグトレーナークラスの2名となります。

当スクールは、少人数制のため少し寂しい気もしますが、
分からないことはそのままにしない(できない(笑))だけでなく、
実技の内容はきっちりと身について行きます。

今日は朝の10時から始まり、授業の終わりは17時・・・
授業の初日は、とても疲れたと思いますcoldsweats01

でも今までに聞いたことのない座学、そして実技の内容で、
きっと「お〜〜、そういうことかぁ〜〜」と関心していただけたのではないでしょうか。

↓実技の合間にスライドを使ってのお話している様子。
IMG_2448.JPG

これから、ますますコアな内容に入って行きます。

そして、実習で一緒に連れて来ている犬たちの問題も、
どんどん改善して行きますので、楽しみにしていてくださいねhappy01


講師 長谷川成志

第8期生 修了式

今年4月に始まった第8期。

ペットドッグトレーナークラス3名、ナレッジクラス1名、計4名の方に受講していただいておりました。

早いもので、定期座学/実技が終わり、9月10日には修了試験が行われました。
修了試験は、筆記試験および実技試験。受講生の皆様、頑張っていただきました!

結果は見事合格!!!
おめでとうございます。

晴れ晴れした気持ちで、先日には卒業生も交えて修了式を行なうことができました。

さすが、と言いますか、各自犬談話で盛り上がり、和気あいあいととっても楽しい時間でした。

まだ選択実習が残っている方もいらっしゃいますが、
ひとまずお疲れ様でした!!!


IMG_1253 (800x602).jpg


ドッグトレーナー 鈴木

このページのトップへ