• 説明会・体験授業開催スケジュール
  • 活躍する卒業生
  • ペットドッグトレーナーを活かせる仕事一覧
  • 専門家からの推薦文

住所
〒252-0215
神奈川県相模原市中央区氷川町3-3
コーポオクモリ1F

042-712-9148 アクセス
side_bnr_sds.png
side_bnr_sds.png

HOME > Topics

Topics

交流会を開催しました

2/12にペットドッグトレーナー育成コース受講生を対象とした交流会を開催しました。
DSC_1172.JPG













ここ数年はコロナ禍もありなかなかこういった機会を持てませんでしたが、数年ぶりの開催となりました。
DSC_1183.JPG













2015年からスタートした育成コースは現在までに60名超が卒業。現在は17期生が受講中です。
交流会は1期生から17期生まで総勢26名にご参加いただきました。
DSC_1184.JPG













世代を超えた交流の場、情報交換の場となりました。
今後もこのような場を積極的に設けていければと考えています。
DSC_1182.JPG














講師:三井翔平




冬季休業について

スタディ・ドッグ・スクールペットドッグトレーナー育成コースは12/28~1/5まで冬季休業となりますのでご了承ください。
また、資料の発送は12/27午前までとなり、それ以降は1/6以降の発送となります。こちらも合わせてご了承頂ますようお願い申し上げます。

電話、メールでのお問い合わせについて
休業期間中に電話でお問い合わせされた方は、留守番電話にご用件をお入れください。
折返しのお電話、メール返信に関しましては1/6日以降となりますので何卒よろしくお願いいたします。

17期生の授業がはじまりました

2015年より開講したペットドッグトレーナー育成コースは早いもので8年目を迎え、10月から17期生の授業が始まりました。
D_1081.JPG













初日はオリエンテーションに引き続き、日本ペットドッグトレーナーズ協会理事長でもある校長の鹿野によるドッグトレーナーとしてのミッションステートメントに関する講義を行いました。ドッグトレーナーには国家資格がなく、各団体が独自で資格を発行し育成しているのが現状です。また、ドッグトレーナーは個人で活動することが主であり、その個人の判断が大きく飼い主指導にも影響します。このような現状はともすれば自分にとって都合の良いことだけに価値を見出す事になってしまい、本当に飼い主様とワンちゃんに必要なことが疎かになってしまう場合もあります。
だからこそ、日本の犬飼育をより良くしていくための客観的な行動指針が求められ、ブレない信念が必要というわけです。

午後は20年以上しつけ教室をはじめとした飼い主教育に携わってきた長谷川による実技。
D1084.JPG













スタディ・ドッグ・スクールの幼稚園でお預かりしているワンちゃんやご自身のワンちゃん、スタッフ犬など、小型犬から大型犬まで様々な犬種のハンドリングを通じて実践的な技術を身に着けてまいります。また、実技の大きな特徴は自分の犬や自分自身が犬になにか教えられるようになるだけではなく、飼い主さんに伝える技術を学べるところです。自分自身ができてもそれを言語化し伝える能力はまた別物。これから長年培ってきたノウハウをこれから惜しみなくお伝えしていきます。

講師:三井翔平

3月に引き続き

9/7は今年の3月に引き続き神奈川県動物愛護センターの見学会を実施しました。
DSC_2152.JPG
















ドッグトレーナー育成コースの母体であるスタディ・ドッグ・スクールは神奈川県動物愛護センターから委託を受け問題行動の改善や馴化など譲渡促進のため事業をサポートしています。
そのご縁もあり、育成コース卒業生に対し職員さんからの講義や、犬舎や猫舎、バックヤードを含む普段は公開していないエリアも見学させていただくことができました。
DSC_2145.JPG
















殺処分ゼロを継続する神奈川県動物愛護センターですが、その実、大型犬や問題行動を呈する犬の収容が増えており、譲渡がやや鈍化している面もあります。
DSC_2149.JPG
















我々ドッグトレーナーが一人ひとりが犬の飼育や習性等の情報発信、ならびに継続的にしつけやトレーニングをすることの楽しさお伝えすることで、少しでもこのような原状を変えていける様、これからも邁進していきたいと思います。

講師:三井翔平

大詰めを迎え

スタディ・ドッグ・スクールペットドッグトレーナー育成コースの大きな特徴の一つは複数いる常勤講師だけでなく、様々な専門家と連携した外部講師による授業があるところです。通常のコースにこのような外部講師の授業が組み込まれている学校はなかなかありません。
4月開講クラスもいよいよ大詰めを迎え、外部講師の先生方による授業が続々と行われています。
飼い主指導のスキルアップでは松井先生より接客、接遇について、また、今やドッグトレーナーとして欠かせない効果的なホームページ作成について高橋先生に授業していただきました。
DSC_0877 (中).JPG













さらに、同日には志田先生による「獣医師がドッグトレーナーに求めること」の授業も。
DSC_0883 (中).JPG













現役の臨床獣医師による授業は大変貴重な機会です。質疑応答の時間も設けていただき大変丁寧にご対応いただきました。
今後も、個人事業主として開業する際に必要な経理についてや、獣医師による行動治療との連携などより実践的な授業が実施されます。

講師:三井翔平


夏季休業について

スタディ・ドッグ・スクールペットドッグトレーナー育成コースは8/11~17まで夏季休業となりますのでご了承ください。
また、資料の発送は8/10午前までとなり、それ以降は8/18以降の発送となります。こちらも合わせてご了承頂ますようお願い申し上げます。

電話、メールでのお問い合わせについて
休業期間中に電話でお問い合わせされた方は、留守番電話にご用件をお入れください。
折返しのお電話、メール返信に関しましては8/18日以降となりますので何卒よろしくお願いいたします。

GW期間の休業について

スタディ・ドッグ・スクールペットドッグトレーナー育成コースは4/29~5/5まで休業となりますのでご了承ください。
また、資料の発送は4/28 午前までとなり、それ以降は5/6以降の発送となります。こちらも合わせてご了承頂ますようお願い申し上げます。

電話、メールでのお問い合わせについて
休業期間中に電話でお問い合わせされた方は、留守番電話にご用件をお入れください。
折返しのお電話、メール返信に関しましては5/6日以降となりますので何卒よろしくお願いいたします。

4月開講クラススタート

4/4から16期生の授業が始まりました。
記念すべき第1回目の座学は鹿野校長による講義。
A00_0445.JPG
日本の現状や、ドッグトレーナーの役割など多岐にわたりました。
A00_0444.JPG
スタディ・ドッグ・スクールペットドッグトレーナー育成コースの特徴の一つがご自身のワンちゃんと一緒に参加できること。
授業中は足元やクレートでおりこうにできました。

実技は長谷川が担当。
A00_0443.JPG
初回は犬同士の挨拶やボディーランゲージについて学びました。
A00_0449.JPG

これから半年間みっちりとドッグトレーナーの勉強をしていきます。

講師:三井翔平

15期生 修了式を実施しました

3/28に15期生の修了式を行いました。
この修了式は定期授業の終了に合わせて毎期開催しています。
コロナ禍でなければ先輩方との顔合わせも兼ねて行うのですが、大勢が集まることもままならず今期の生徒さんと講師陣でささやかながら実施。
DSC_0861_01.JPG
校長の鹿野より受講証明書をお渡しし、
DSC_0873_01.JPG


















記念撮影も!
半年間お疲れ様でした。
スタディ・ドッグ・スクールペットドッグトレーナー育成コースは永久に実習無料ですので(卒後の選択実習の参加はSDS認定ドッグトレーナーに限ります)、いつでもご活用下さい。
これからのご活躍をお祈り申し上げます!

講師:三井翔平

神奈川県動物愛護センター見学

3/17に卒業生を対象とした勉強会として神奈川県動物愛護センターの見学会を実施いたしました。
DSC_0503.JPG
















ここのところ、コロナ禍ということもありなかなか実現できませんでしたが、育成コース講師の三井が収容犬の譲渡に向けた馴化に携わっていることから少人数ならばということで快く受け入れてくださいました。
まずは講義室で職員の方から愛護センターの歴史や現状等のお話伺い、様々な質問をさせていただきました。

DSC_0504.JPG














その後は飼育エリアも見学。
DSC_0774.JPG
























どのような背景で収容されたか、どういったことが円滑な譲渡の妨げになるか職員の方から伺い、どんなトレーニングをしているか等の三井からお話ししました。
DSC_0781.JPG














ここ数年、猫の収容は複数の多頭飼育崩壊の影響から増加傾向です。

DSC_0788.JPG














最後は慰霊碑に手を合わせ、解散。
我々に出来ることをコツコツと積み重ねていこうと思った貴重な一日となりました。

講師:三井翔平

12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

このページのトップへ